×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Top > ライフラインの引越し手続き > 水道の引越し手続き

水道の引越し手続き

水道の使用をやめる手続きは引越しを行う1週間位前に申し込むと良いでしょう。

水道は引越し日の2日前までだったらかろうじて手続きを受け入れてくれるそうです。

どういった手続きにも該当する話ですが、なるべく早めに終わらせておく方が不測の事態に対応できます。

必要な手続きは後回しにせずに行いましょう。

引越し関連の手続きはインターネットや電話で申し込みが可能です。

お客様番号を聞かれますので、明細書は捨てないでください。

引越しを行う日まで使った水道料金については、水道メーターを確かめて係員に日割り計算で金額を出してもらいます。

現金で精算を済ませるなら、担当の人に自宅まで来てもらい徴収してもらうので先に予約の手続きをしましょう。

加えて、日割り計算した分を口座振替で精算することも可能ですし、請求書を新しい住所に送付する方法が選択できます。

引越しを行ったら、水を使い始めるために使用開始手続きを経なくてはいけません。

引越しが終了したら、まず水がでるか試してみましょう。

仮に、水が出なかったとしても水道メーターを見つけ出して、メーター前の水栓を開ければいいのです。

大多数は引越し先の住まいに、使用開始申し込み用の書類が置いてありますので、それをポストに入れればこれで使用開始の手続きは終わりです。

使用を始めるためのハガキは、賃貸物件であれば電気やガスなどの申し込み用紙とまとめて新聞受けに備わっています。

ないようでしたら、その時点で水道局に連絡を行って手続きを行えるようにしましょう。

電気・ガス・水道の引越しの手続きに関しては、同時に済ませる方が手続きの不備を回避することに繋がりますので、一斉に済ませましょう。